10月
24
2014

お金がなくていつも惨めな感じがする。

服屋に行き、「あ、この服のデザインいいなぁ」と手に取って見ますよね。それから僕は、全体像を見てるフリして
まず手探りで値札を探します。セールストークに入ろうとする店員との間合いも気にしつつ。
もうこの時点で若干もの悲しいのですが、それで素早く値段を確認し予想の二倍以上高かった服を苦笑いしながら
棚に戻す時、切実にお金が欲しいと思います。今までにどうしても諦められず即日審査をしてもらえる消費者金融(即日審査の消費者金融カードローン|急ぎでお金が必要な時も安心)で審査をしてお金を借りたこともありましたが、それはめったになくてほとんどが諦めています。

セールストークに入ろうとしてた店員が空振りかと肩を落とす様を横目に見つつ。

この感覚の根本としては心配したくない、見栄を張りたいというのが強くあるからだと思います。
なにか買い物する際も、レジに出す前につい財布の中身を確認してしまいます。手持ちちゃんとあったっけ、払えるよな?という
妙な不安感。「ココからココまで全部ください」なんて言える大金持ちには少しの蔑視と大きな大きな羨望があります。
きっと心配事なんてないんだろうなーとすら無責任に思ってしまいます。心配事が全く無い、つまり完全に幸福な状態にあると
無意識的に見ているのかもしれません。
またやっぱりセコセコ確認している姿もみみっちぃと自覚してます。しっかりしている、堅実なんだと自分を言い聞かせてはいますが
やはり男たるもの値段なんか気にせず特上のモノをどかっと買っている姿はカッコいい。十円二十円で頭を悩ます男よりも
ウン億稼いでウン億借金また稼ぐ、みたいな男のほうが本能的にモテるに違いありません。羨ましい限りです。
何事も細々と制約をかけた状態より、無制限になんでもアリな状態のほうが一時的になのかもしれませんが楽しくラクなのは自明の理です。
現代の制約とはその一部は、いや、大部分はつまり金銭であり、その制約を失くしたい、お金持ちになりたいというのは当然というもの。
清貧の素晴らしさを語るにしてもやはり一度頂点を極めてから言うから説得力があるのであり十円二十円で一喜一憂する男が清貧の素晴らしさを
語っても鼻で笑われるに違いありません。清貧には多分誰でもすぐなれますがお金持ちにはあまりに多くの特殊条件が必要となります。
ごく一部となる何かを持っている、持っていた人の意見にこそ重みはあり、そこは太古と変わらぬ強者こそ正義であり正解であるといった
厳然としたルールが変わらずあるのかなーなんて思います。強さはあったほうがいい、それと全く変わらぬレベルで今なら
お金はあったほうがいい、お金が欲しいということですね。

 

0
10月
10
2014

現在切実に治したい体の部分

私が現在切実に治したいところは、肌です。今までは肌にトラブルがあったことは全くなく、肌がキレイなのが自慢でした。

肌が奇麗だね!と人からうらやましがられたことはもちろんのこと、中学時代には肌がすべすべすぎて頬杖がつけなかったくらい・・!

そんな私も27歳の頃から大人アトピーに悩まされています。
ストレスや疲労が溜まったときにウワーッと出てきます。

先日ものすごく悪化してしまい、見るからに「アトピー患者の人」になってしまいました。
体の節々の皮膚が炎症を起こして、痒すぎる・・

掻いて?き壊してその皮膚が固くなる・・
肘を曲げたり、首を動かすのもしんどいくらいに皮膚が硬くなりました。

はじめは極力ステロイド剤は使わないように、色々な自然療法試してみました。
半身浴、ドクダミ茶、ルイボスティー、塩洗い、馬油、食事療法、漢方、冷えとり・・

アトピーに良いと聞いたものは色々試してみましたが一進一退を繰り返すだけで即効性のあるものはなかなかありませんでした。

アトピーは顔、首、腕、デコルテなど人目につきやすいところばかりが出ました。
仕事が美容業なので、人をキレイにする仕事をしている人がキレイじゃないということがものすごいストレスになりました。

肌荒れの根本的対策を見つけよう!
また頭皮湿疹もあり、そちらも重症でした。頭が痒くて仕方ない。掻かないと気がおかしくなってしまいそう・・

掻いて頭皮にかさぶたが出来て、頭を少し触っただけでフケ(かさぶた)が吹雪のように落ちる・・

改善するように死に物狂いで色々試しました。

フケが改善されるというシャンプー(コラージュフルフル)、シャンプーをやめてお湯だけで洗う、インドのハーブシャンプー、塩で頭を洗う・・・どれもたいして効果なし。

体は清潔にしているのに、不潔に見えてしまうこと、今まで肌がキレイなのが自慢だったのにそれが失われたことがすごくストレスになってしまい、精神的にどんどん追いつめられて行きました。

もうこのままではおかしくなってしまうと判断し、今は皮膚科に通院し医師の指示に従いステロイド剤を塗って治療しています。

おかげで劇的に皮膚は改善してきました。
まだアトピーの跡や痒みは残っているので、このままキレイに完治することを心から願うばかりです。

0
10月
02
2014

家でのんびりしつつお仕事

今週末は、日曜日の午前にお仕事が入っています。

金曜日と土曜日はお休みで、久しぶりの2連休です。あまり経済的余裕がないので、週末の過ごし方は決まってしまっているんですが、基本的にはお家で自分が好きなことをしつつ、翌週の仕事に備えて準備をしています。

今週末は日曜日の午前に仕事が入っているので、まず金曜日に家事を済ませます。平日にちょこちょこ掃除機をかけたりはしていますが、週末は本格的に家具を動かして掃除機をかけて、お風呂場をピカピカに掃除します。余裕があれば、冷蔵庫の中も汚くなってきているのでお掃除です。それと並行して洗濯物を一気に洗ってしまいます。洗濯とお掃除が済んだら、スーパーへ行って、まとめ買いです。週末の買い物は、晩酌をするので、値段よりも食べたいもの重視で買います。買い物から帰ると、ちょうどお昼の時間ぐらいなので、簡単に昼食を作って好きな番組を見ながら食べます。午後は少しお仕事です。

日曜日の仕事の準備は、金曜日の夜にならないと引継ぎが来ないので、翌週の月曜~木曜までの仕事をざっとします。夕方17時頃から、ぬるめのお湯をはって本を読みながら半身浴です。18時頃から夕食の準備をして、19時には晩酌を開始する予定です。土曜日は朝のんびり起きて、午前中はネットをしたり、本を読んだりします。

お昼を食べて、日曜日の仕事の準備をします。日曜日の仕事のための準備がだいたい3時間ぐらいかかるので、集中して一気に仕上げます。夜は翌日の朝が早いのと、木曜日、金曜日にお酒を飲んで胃に負担もかかってるので、あっさりした食事を摂ります。日曜日は朝7時30分には起きて、8時半に出勤です。10時20分から昼まで仕事をします。午後は仕事がないので、仕事帰りにスーパーへ寄ってみるかDVDを借りて夜はまたのんびりする予定です。

あとは時間に余裕があればゴキブリ退治のためにネットで調べた方法を真似して家の中にゴキブリを寄せ付けない環境を作ろうかと思っています。参照:http://www.gokiburi-taiji.com/

ゴキブリとかクモとかそういうのが家の中にいるっていうだけで全く落ちつけないので・・・ちょっと対策をしておこうと思います!!

 

0
9月
05
2014

エチケットとしてきちんと処理してほしい

春、夏は露出が多くなるので体毛の処理にかなりの時間を費やします。多くの女子にとってこれは不快でとても面倒くさいことだと思います。私自身、体調や次の日に着る洋服や肌に与えるダメージなどを考えて処理して自分にあまり負担をかけないようにしています。

友達の中には毛の処理がきちんとできていないからという理由で半そでの洋服を着るのを遅らせる人もいます。そういう話を聞くと、その人に関してオシャレをあまり気にする人ではないけれど人に不快感を与えないようにエチケットはわきまえている人なのだと思います。

たまにふとした瞬間に人の脇の下が目に入り、きちんと処理できていないのに半そでやノースリーブを着ている人を見ることがあります。おそらく、こうやって人の目に留まることに気づいていないものと考えられます。それが若い人であれば教えてあげたいですが、年齢がかなり上の女性だとやはりきちんと処理して欲しいなと心で思ってしまいます。

ただ、体毛には個人差があって腕などの毛はほとんど色が無く処理していなくても全く気にならないという人もいます。そういう人は、脇の下のみこまめに手入れしていればいいので、得だと思います。逆に、毛がもともと濃い人は処理する部分も多く大変です。そう考えると毛が薄いからオシャレ、エチケットをわきまえていると言えるわけではありません。

ですから体毛の処理は自分の事をよく理解し、他の人の感情を考えられていればエチケットを心得ているといえると思います。

今は脱毛サロンっていうのはたくさんあります。私が住んでいる広島にもたくさんあります。その中から間違えのないサロンを選ぶのも大変。私のお勧めはこちらですね→レーザー脱毛広島

わたしもこちらのサロンに先月から通い始めました。毎日毎日自分で毛の処理をするのが面倒で。面倒くさがりの私には脱毛をしてしまうのが一番早いと思ったからです。

 

 

0
7月
01
2014

メガネが真っ二つ

新人としてメガネの販売員として働いていた時のことです。仕事にもだいぶ慣れ、いろんな人の接客をしていました。

その時女性が友人を連れて来店し、メガネのネジがゆるんでいるので調節して欲しいとおっしゃいます。

その女性からメガネを預りました。そして通常どおりの手順で工具でネジを外してみると、案の定ネジが曲がっています。

私は新しいネジと交換して、メガネの上下左右の歪みを調整して、その女性のもとへ向かいました。

仕上げに超音波にかけ、汚れを落としてピカピカなメガネを女性へ渡そうとメガネを磨いていました。

とその瞬間、「バキッ」という鈍い音とともにメガネの抵抗感がなくなりました。

私は一瞬何が起きたかわからず、私より先にその女性が反応しました。「きゃ~、私のメガネ!!」そう、女性のメガネは見事私の手の中で、真っ二つに割れているではありませんか。

そんな馬鹿力で拭いてたつもりはありませんが、コントのような悲惨なメガネの姿に思わず笑いそうになりながら、ひたすら私は謝りました。

そして運悪く、その女性と友人はこれから楽しみにしていたコンサートが始まる時間まであと少しだと、大狂乱です。

呑気な私もさすがに焦ります。代替になるメガネもないし、どうしよう…

そこで丁度店長が戻ってきて、私は事情を話しました。店長はメガネを作るスピードはかなり早かったので、急遽代替メガネを大急ぎで作ってもらい、なんとかコンサート前に女性へ渡せました。

そのメガネの代金ですが、会社が負担してくれてもいいと思うんですが、厳しい経営だった私の会社では負担してくれないので自分で負担することになってしまったのです・・・。

その時持ち合わせもありませんでしたので、カードローンを利用して弁償したというわけです。すぐに貸してくれるところがあってよかったなーって感じです。

~~~~~~~~

即日融資を受けられるカードローンはこちらに紹介されています。

↓↓↓

即日カードローン

~~~~~~~~~

このことがあってからこの会社にずっと勤めるのは嫌だなーって思い始めてやめたんですけどね。僕自身がミスしたのかもしれないけど、今回のはミスではないような気がするので、こういうのまで自分でミスとして負担させられてたら給料があってないようなものですからね。

0
6月
20
2014

5万円入った財布を落とした。

私がお金に困ったこと、それは財布を落としてしまった時ですね。

友達と飲みに行っていて、つい盛り上がりすぎて酒の量も増えてしまいました。

案の定かなり酔っ払い、あまり記憶もないぐらいに。。。

そしてフッと我に返った時に気づいたんです。財布がないと・・・。

中には5万円ほど現金が入っていたのに。必死で探しましたが時すでに遅し。見つかるはずもなく寂しく家に帰りました。

これから給料日までは極貧生活が続きましたよ。

もうあれ以来、飲みすぎには注意しています。

0